中性脂肪&コレステロールを減らすには「極上クリル」

WS000019.JPG

中性脂肪とコレステロール値は、年齢とととも増えがち。中性脂肪とコレステロールを減らし血液をサラサラにするには、DHA+EPA(オメガ3)をとれば良いことはよく知られている。消費者庁の「機能性評価モデル事業」で血液サラサラ成分としても効果がお墨付き。

クリルオイルは、青魚からとれる魚油よりも、高品質で吸収しやすいことが分かっている。クリルオイルを90日間摂取した実験では、善玉コレステロールが59%アップし、悪玉コレステロールが39%ダウンしたという結果に。

「クリルオイル」は「南極オキアミ」というプランクトンの一種から抽出され、魚由来のDHA+EPAと違い水溶性の高い「リン脂質」という形態のため体内吸収に優れている。アメリカにおいてもFDA(米国食品医薬局)等の公的機関が、DHA+EPAの効果を承認・推奨し、食品としての安全性を認めており、近年摂取が急増している。

魚由来のDHA+EPAよりもやや割高ではあるが、モンドセレクションの金賞を受賞している「極上クリル」は試してみる価値はありそうだ。




この記事へのコメント